9月9日毎年お世話になっております、

聖バルナバ病院へ中学2年生2組3組の生徒がお邪魔をさせていただきました。

お忙しい中、助産師の辻本 八千代様による講義を受けました。

 

 

 

 

 

 

 

 

生徒達はおもりのついたジャケットをはおり、妊婦体験をしました。

生徒同士助け合い、ジャケットを着脱しています。

妊婦体験ジャケットは、妊娠8~9か月の妊婦に相当する重さで6.8キロほどあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

またその日に出産された方の胎盤を見せてもらいました。

胎盤とはお母さんの血液、酸素、栄養を赤ちゃんに送る臓器です。

生命の大切さ、また保護者がどれだけ子供を大切に思っているのか

改めて考えて欲しいと思います。

中学2年生1組は金曜日に改めてお邪魔する予定となっております。

お忙しい中、有難うございました。