教育相談

教育相談とは

中学生・高校生の時代は,子どもから大人への移行期です。親から少しずつ離れ,家庭外の社会で周りの人々と関係をつくり,自立できる力を身につける時期なのです。この時代は変化の節目だけに,生徒はさまざまなことを感じ,さまざまなことに悩み,課題を抱えて過ごしていると言えるでしょう。そのような生徒が誰かに話してみたいと思ったときに,話せる人が多いことが望まれます。それが親であり,友達であり,また担任・教科担当の先生・クラブ顧問の先生などです。またその一人に教育相談係の先生やスクールカウンセラーがいます。

教育相談係の特色

係の先生やスクールカウンセラーとの話し合い(カウンセリング)を通じて,問題の解決を図り,その人の人間的な成長を援助することを最大の目的としています。特別に問題がある場合だけでなく,自分らしく,自分の個性にそって気持ちよく生きようとする思いがあれば,大いに利用してください。人と話してみるということは,そのこと自体が一つの行動であり,とても意味のあることだと思います。もちろん,話すつもりではいても,その時と場合により話がしたくない,できないという気持ちになることだってあります。そんな時には話したくない,話ができないという,そういう気持ちを尊重しようとするのが教育相談係の特色です。  また,話された内容は,その人の承諾なしには他へ話すことはありません。

保護者の方もぜひどうぞ

子どもに元気や意欲がなくなったり,友達関係,クラブ関係,親子関係など,その他気になるようなことがありましたら,教育相談係に気軽にご相談ください。  子どもの成長・自立を周りの大人が協力して援助できる体制を作っていきたいと考えています。

相談のお申込みは

・教育相談担当者に生徒本人が直接申し込む。
・生徒あるいは保護者が担任を介して教育相談担当者に申し込む。
・生徒あるいは保護者が直接電話(06-6771-5701)で教育相談担当者に申し込む。
・インターネットで申し込む。

相談場所・時間・曜日

教育相談室は南キャンパス1階(保健室の隣)にあります。原則として面接は月曜日から土曜日の午後から行っています。また学校行事や出張等で王家できない場合もあります。

教育相談室

公認心理師・臨床心理士の資格を持つ教員が中心となり、学校生活におけるメンタルケアを行う専用ルームです。

また令和4年度より係の教員に加え、外部からスクールカウンセラーが入ります。

生徒だけでなく、保護者の方もご利用いただけます。

教育相談NEWS

・2019年6月20日

第23回「保護者・教職員のための勉強会」アンケート結果を掲載しました。

リンク先よりご確認ください。アンケート結果